製本加工 | 有限会社 橋本印刷所
Home > 印刷技術 > 製本加工
製本加工

製本加工

刷りあがった印刷物の仕上げを行う工程です。

製本
とは、印刷物を接着剤・針金・糸・のり・リング等で綴じ、表紙を付けて本の形に仕上ることです。

本を綴じる主な
方法としては、

○中綴じ製本・平綴じ製本
針金を使用する簡易的な綴じ方、安価であるが強度的には弱い。
 厚い冊子には向かない。

○無線綴じ製本
一般的な書籍などに使われる。強力な特殊糊で綴じ、強度があり厚い冊子にも対応できる。

○上製本
のどを糸でかがる方法が多く採られ、ハードカバーにすることで高級感が増し、耐久性にも優れる。

用途仕様により加工形態を選択します。

○伝票類の製本
天糊加工、複写伝票ではセット糊加工、ミシン入れ針金とじ等が一般的です。



さらに、断裁仕上げ、折加工、ミシン入れ、穴あけ、抜き加工、筋押し、ラミネート加工等があります。
 
お問い合わせ
オフセット印刷・デジタルオンデマンド印刷・活版印刷
有限会社橋本印刷所 
〒422-8046 静岡県静岡市駿河区中島390番地 TEL054-286-3336 FAX054-286-3343

QRコード

有限会社 橋本印刷所モバイル

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。